【あけましておめでとうございます】

あけましておめでとうございます♪

シエル(Ciel)の井上です。


Stay Home のお正月

皆様いかがお過ごしでしょうか。


どこにもでかけられない


親戚とも集まれない連休


長く感じるかな、と思いきや

あれよあれよという間に時は過ぎていきますね。


持ち帰った仕事も

もしかしたら終わらないかも、と思い始めました(笑)。


今年の目標、今年の漢字一文字

まだまだ何も考えられておりません・・・・。


体中だけでなく、脳みそまで

お餅になってしまったようです・・・・。


ここ数日、怖すぎて体重計に乗れていません(涙)。



2020年を振り返る番組も多く

その中で、気になったニュース


履歴書から「男 女」の欄が消えたこと。


確かに、私の身の回りには


女子よりずっと女子力高い男子も


男子よりずっと逞しい女子も


たっくさんいるので、


「男だから」「女だから」


「男らしく」「女らしく」


とかは、全く興味がありません。



それ以前に・・・・・



中1の娘


紅白歌合戦が、男女で別れて競い合っていることを

今年始めて知ったらしく


おったまげておりました。



「まじで?!。イミフなんだけど。


じゃー、氷川きよしは、紅組なの?白組なの?」と(笑)。



確かに、高校生の息子も、中学生の娘も


街中で、男の子同士手をつないでいるカップルがいても


女子力高めの男子がいても


全く何の反応もしません。



「ジェンダーレス」

その事を、論争すること、話題にすること


その事自体が、もはやナンセンスなようです。


男の子が男の子を好きでも


女の子が女の子を好きでも


女の子になりたい男の子がいても


男の子になりたい女の子がいても


自然に受け入れられる世代が普通になってきている時代に


「赤」は「女」


「白」は「男」


人間を男女で分けて

勝ち負けを競い合わせる


紅白歌合戦の姿が変わる日も

もしかしたら近いかもしれませんね。



いろいろな意味で


「ニューノーマル」な時代がやってくる一年になりそうですね。



どんな「ノーマル」が普及しても


世界中の人に笑顔が増える時代になりますように。



そして、その為の努力をしていきたいですね。



2021年、みなさまにとって

素敵な年になりますように。