【丁寧に謹んで。】

こんばんは。 Ciel(シエル)のOliviaこと井上です。



シエルの仕事初めの日に、【今年の漢字一文字発表】を始めてから

もう何年経つでしょう。


当時、一年を振り返る「今年の漢字」が話題になり始めた頃

企画部だった、Iちゃんが


「シエルは、過去なんて振り返らず

未来を向いて、目標にする漢字を発表しましょう♪」


と、キラキラ言っていた姿を今でも鮮明に思い出すことができます。



私の「今年の漢字一文字」は

今までずーっと、かなり攻め気味な文字を選んでいました。


性格的にも

前に、前に、前に出ていくタイプですし


止まったら死ぬのか、という程

常に前に進んでいないと気が済まず


間違えた道だと薄々気づき始めてさえいても

アホみたいに進まずにはいられない人間なので


控えめだったり


守りだったり


慎重だったり


そんな雰囲気の漢字は、候補にすら上がることもありませんでした。



ただ、昨年


あえて、すぐに答えを出さず


「話し合いを重ね」「考える時間をもち」「前だけではなく横も見てみる」


そんな感じのことを教わる機会があり


「丁寧に」「答を出す」ということの大切さを体感することがありました。



「道なんて間違えたってそのまま突き進めば大丈夫!


だって地球は丸いんだから!」


子どもにも自分にも、こんなことばかり言いながら生きてきましたが



ちょっとここいらで、もう少し丁寧に生きてみようかしらと・・・・・・



2022年の私の漢字一文字は


【謹】(つつしむ)にしました。



「物事をおろそかにしない」


「身の振る舞いに気をつける」


「心をひきしめて、控えめな態度をとること」


「あやまちをおかさないように気をつけること」


「物事に念を入れる」


「恐れ敬わって、丁寧にする」



何事も力づくで解決してきた48年間を振り返り


2022年は、もう少し「丁寧に」生きていきますよ。



そこから得られること、見えてくることが


必ずあるはずです。



2022年が幕を閉じる頃にはきっと


めっちゃお上品なオバチャマになっていることでしょう。


皆さまご期待くださいませ♪


では、では、ごきげんよう♪