【June Bride】

最終更新: 2020年7月4日

おはようございます。

シエル(Ciel)の井上です。


梅雨前ですが

毎日すっかり夏のような暑さですね・・・・・。


6月といえば

「June Bride」


毎年6月に入るとテレビやラジオで

結婚式が特集されています。


今年はコロナのこともあり

まだまだ延期されている方も多いかとは思いますが・・・。


でも。


ご存知でしたか?


「June Bride」は、ヨーロッパから伝わってきた言い伝えで

その由来は、


6月は1年間で最も雨が少なく、天気の良い日が多く、天気にも恵まれ多くの人に祝福してもらえることから、6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送ることができるだろう。

ということです。


となると、梅雨真っ只中の日本は・・・・・。


なんて心配にもなりますが。


6月の守護神が女性や子供、家庭を守ってくれる、ということから、という説もあります。


そして、私の両親は、つい先日51回目の結婚記念日を迎えておりました。


小さな喧嘩を日々重ねながらも

幸せそうに暮らしております。


そう言えば、弟夫婦の結婚記念日も

6月でした。


こちらも結婚15年以上経つかと思いますが

未だにラブラブに過ごしております。


「June Bride」

「6月の花嫁は幸せになる」


ありだと思います^^